Facebookユーザー数の動向について、大学別、年齢別で調査結果を発表いたしましたが、今回は2012年3月時点の「都道府県別」Facebookユーザーの調査結果を公開致します。

 

都道府県別Facebookユーザー数 TOP10


グラフをご覧のとおり、ユーザー数は各都道府県の人口にほぼ比例していますが、東京のユーザー数が圧倒的に多く、2012年3月現在の国内Facebookアクティブユーザー768万人のうち、およそ半数を占めています。

 

都道府県別Facebookユーザー普及率 TOP10


東京の人口に対するFacebook普及率は30%に迫り、広く世の中に浸透するキャズムライン(16%)をはるかに上回っています。


日本全体の人口に対する普及率はいまだ6%程度で、普及率でみた世界ランキングでは146位という状況ですが、東京をひとつの国と見立てると、普及率29.2%は90位に位置することになります。(それでもまだ90位ですね)

 

都道府県別Facebookユーザー一覧

以下が都道府県別のFacebookユーザーの一覧です。普及率の順で並べています。
各都道府県ごとのFacebookユーザー数、普及率に加えて、大学・専門学校生のユーザー数、さらにそこに占める2013卒予定のFacebook登録者数を網羅しています。

市のHPをFacebookに切り替えた武雄市が位置する佐賀県も、人口普及率では1.2%にとどまっています。まだまだ大都市圏と地方では大きな差がありますね。
今後もFacebookユーザー数は増加が見込まれますので、定期的に情報を公開させて頂きます。当Facebookページもよろしくお願い致します。https://www.facebook.com/SocialRecruit.jp

関連する参考記事はコチラ

・第5回大学別Facebookユーザー数ランキング http://socialrecruit.jp/closeup/fbuserranking201203/

・年齢別Facebookユーザー調査(2012年3月) http://socialrecruit.jp/news/fbuserage1203/

このページを共有する

FacebookAppsを共有する

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

書き手

某外資系スペシャリスト人材紹介会社のグローバル人材支援室長。 大手外資系企業グローバルセールスマネジャー、事業開発責任者を歴任。ソーシャルメディアマーケティング会社の経営を経て現在に至る。 ※本サイトでの発言はすべて個人の見解であり、所属組織の意見を代表するものではありません。